社会保険労務士の勉強法

皆さんは、通信講座を受講して勉強すると思いますので、基本的にはそこの指示通り勉強すれば問題ありません。
しかし、どんな通信講座で勉強するにせよ、必ず注意しなければいけない勉強法がありますので、
そこについてお話をしていきます。

社会保険労務士に限らず、全ての勉強法に共通するのが復習です。
この復習の回数が合否に影響するといっても過言ではありません。

しかし、復習は面白くない勉強ですので、挫折の原因になる事もあります。
かといって復習を避けていては、知識が身に付かず、いつになっても社会保険労務士に合格出来ません。

そこで、おすすめしたいのは、問題集を使いながら復習する事です。

多くの方は復習というと、テキストを読んだり、書いたりすることだと思っています。
確かにそれは間違いではありませんし、復習の基本的な勉強と言っても良いと思います。

しかし、復習が面白くない理由は、単調な勉強を続けるからで、
それだと長続きしません。

対して、問題集を使えば、問題を解く楽しさがありますし、覚えた知識を使って問題を解くので
記憶に残りやすいのです。
その上、間違えればさらにテキストを読み直すので、より記憶に残りやすくなります。
つまり、復習と問題を解く勉強は、記憶のメカニズムと合致しているのです。

しかし、その時にも一つ注意点があります。
それは、レベルに応じた問題を解く事です。

もし仮に基礎知識を覚える段階で、過去問の応用問題を解けば、まったく答えることは出来ません。それだと復習になりませんし、下手をすれば、問題を解けないことがストレスになり、
挫折してしまいます。

問題集を解く復習で重要なのは、今のレベルで解ける問題を解く事です。
そうでなくては、復習にはなりません。