LECの社会保険労務士講座

今人気の通信講座をいくつかピックアップして、それぞれの講座を比較していきます。
ここでは資格の予備校として有名なTACの社会保険労務士の通信講座を解剖していきます。

<LECの社会保険労務士講座の特徴>

■通信講座の特徴
LECの社会保険労務士講座の特徴は、とにかく内容が充実している事です。 直前対策や摸擬試験、選択肢対策や択一式対策などレベルに合ったカリキュラムはもちろんのこと、
教材も充実しています。 もちろん、受講生のサポートもしっかりとしています。

しかし、これは予備校全般に言えることですが、カリキュラムが充実しすぎて、
学習量が多くなり、挫折する可能性が高くなります。
従って、ある程度の知識があり、完璧に知識を身に付けて行きたい方におすすめの学校です。

■テキストについて
LECのテキストは、カリキュラムが充実しているので、
テキストの内容も充実しているということです。
ただ、その場合出題範囲を広めてしまうことになるので、
学習量が多くなるデメリットがあります。
社会保険労務士は、普通に学習しても量が多すぎて挫折する傾向にあるのに、
それ以上に増やしてしまえば、大抵の方は最後まで勉強しきれません。
特に初学者はなお更です。
ですので、LECのようなテキストは、通信ではなく、通学して学習する方が良いでしょう!

また、LECのテキストは、白黒なので、記憶効果がなく、
無味乾燥な勉強になるデメリットもあります。

■DVD講義
LECの講義は、通信講座専用に撮影していますが、
専用のスタジオをプロのカメラマンが撮影したものではないので、
映像に違和感があります。

例えば、テキストで解説する場合でも、手持ちのテキストを画面一杯に広げて、
撮影しています。
通常なら、モニターなどを使って解説するのですが、それを行なっていません。

講義は、映像の質が重要なので、講義に関しては学習効果に疑問符が付きます。

■受講生のフォロー
LECは、通常の質問受付や摸擬試験など受講生のフォローはもちろんのこと、
合格後のフォローもしっかりしています。
具体的には、就職の相談や実務の指導などです。
もちろん、実務の講座を受講するためには、別途費用がかかりますが、
非常に活気的なサービスと言えます。

■社会保険労務士講座 受講料
新合格コース:233,000円

⇒公式サイトはコチラ

続き大原