社労士受験の少し前に、模試を受けましょう

模試も受験すること

社労士の試験を受ける場合、本番の試験は1度しか受ける必要はありません。 司法試験のような、「合格者の大半が、何度も受け直した経験を持っている」なんて試験ではないからです。作戦を練り間違えなければ、本当に1回で合格できますから。 しかし、試験といえば独特の緊張感に包まれますね。たとえばですが、高校受験でつらい思いをした方はたくさんいるはず。 プレッシャーへの耐性には個人差がありますが、なるべくなら場数を踏んでおきたいところですね。 本試験は1度きり、といっても実は試験の緊張感を前もって体験できるチャンスがあります。それは社労士の模擬試験を受けるときです。 社労士の模試は、試験の3ヶ月前くらいになると全国各地で順次開催されますね。大手の予備校なんかが開催しますが、そこの受講生でなくても申し込めるのが常識です。 模試を受けておくことは、多忙な人にもぜひおすすめしたいですね。スケジュールを必死にやりくりしてでも、行く価値がありますから。

模試を受けることのメリット

  • (繰り返しになりますが)試験の緊張感を体験できて、予行練習になる
  • 実際の試験時間とまったく同じ時間で受けた場合に、どれくらいの解答ができるのかを試せる
  • その時点での自身の学力を試す場にもなる
  • うまく解答できなかった部分があっても、本試験の日までに徹底的に対策する時間を持てる
模試は、社労士の合格者の間でも経験者が本当に多いですね。 私も実は模試を2度受けています。1度目は、思ったほどすらすらと解けなくて落胆しましたが、2度目のときはだいぶ解けて励みになった思い出があります。