社会保険労務士の通信講座の選び方

実際に社会保険労務士通信講座を比較する前に、
まずは、どのような基準で通信講座を選べばよいのか説明していきます。
これを知ることで、より正確に良い社会保険労務士の通信講座を選べるようになります。

■映像を見ながら講義が視聴できること
通信講座に限らず、予備校でもそうですが、これらの醍醐味はなんといっても
講義が聴ける事です。
やはり学習と言うのは講義が聴けることで、理解するスピードが加速します。
ですが、この時に注意して欲しいのは、CDのような音声だけの講義ではなく、
映像で講義を視聴できるような通信講座を選んで下さい。

といのも音声だけだと、聴覚しか使わないので、記憶に残りにくく、
理解するスピードも落ちてしまいます。
対して、講義を映像で見れば、視覚効果が生まれ、記憶にも残りやすく
理解するスピードが何倍にも加速していきます。

■通信講座専用に撮影してある講義であること
この部分は必ずチェックしてほしいのですが、予備校がやっている通信講座のほとんどは
教室の講義をそのまま撮影しています。
しかし、それだと臨場感がまったくなく、
実際に講義を受けているような感覚にならないのです。
具体的にはカメラと講師との距離がありすぎる、講師と目線が合わない、
生徒の雑音や毎回復習ばかりが続くといったようなことです。
その結果、思うように知識が吸収できず、勉強がつまらなくなります。

■ハイビジョン撮影してあること
通信講座専用になっていても、ハイビジョン撮影していなければ、
映像に迫力がなく、見ていて眠くなります。
やはり、長時間みるためには、
プロのカメラマンがハイビジョン撮影していなければ意味がありません。
見分ける方法としては、ハイビジョン撮影していれば必ずホームページにそのことが書いてあります。
逆に書いていなかったら、それはハイビジョン撮影をしていないと言う事です。

■テキストはフルカラーである
講義もそうですが、中身を確認することは出来ないので、こちらで判断することは出来ません。 ただ、しっかりと作りこまれているテキストなのか判断することが出来ます。
それがフルカラーにしていることです。

テキストをフルカラーにしていればその分費用もかかり、
しっかりと作りこまれているケースが多くなります。
そうしたテキストだと図表を使いながら説明されていたり、
ポイントをしっかりと抑えた内容になっていたりする事がほとんどです。

対して、白黒だと肝心なテキストにお金も労力も使っていないことがほとんどなので、
あまり良いと物とは言えません。

■e-ランニングが付いてある事
e-ランニングは、インターネットで学習できる機能のことで、 講義が聞けたり、問題が解けたり、カリキュラムを組めたりします。
これがあると非常に便利だと感じました。

■質問に対応してくれること
このことは説明する必要はなく、言葉どおりです。
まず、質問に対応していない通信講座はないと思います。