社会保険労務士の難易度

実際に社会保険労務士の通信講座を受講する前に、試験の難易度を把握しておくことも重要です。 社会保険労務士の難易度を知ることで、通信講座の必要性がより理解できます。

まずは、社会保険労務士の合格率を見ていきましょう!

平成18年 8.5%
平成19年 10.6%
平成20年 7.5%
平成21年 7.6%
平成22年 8.6%
平成23年 7.2%
平成24年 7.0%
平成25年 5.4%

ご覧の通り社会保険労務士の合格率はほぼ毎年一ケタ台です。
合格率だけで、試験の全てを把握することはできませんが、 確実にいえることは、
社会保険労務士は難易度の高い試験だということです。

それを物語っているのは、出題範囲の広さで、試験科目は8科目もあります。
しかも、全ての科目に合格点が定められており、
1科目でも合格点に届かなければ それだけで不合格になります。

そこで、重要になるのは、どれだけが出題範囲を絞って学習できるかです。

このサイトで少し触れましたが、多くの方は全範囲勉強しなければ、
不安になり、様々な勉強に手を出そうとします。
しかし、それでは非効率な勉強になってしまし、挫折してしまうのです。

出題範囲が広いといっても全ての範囲から出題されるわけではありません。
出題されるところは限られ、毎年似たような問題が出題されます。

仮に今まで出題されていないような問題が出て解けなかったとしても
合否に影響するような問題数ではありません。

確実に出題されるような問題をしっかりと理解できれば
合格できるようになっているのです。

それにも関わらず、多くの方はテキストが薄ければ不安になり、
別の参考書やテキストを購入してしまい挫折します。

ですので、通信講座も満点を狙わない、出題範囲を絞ったところを選んで下さい。
それが社会保険労務士に合格する一つのコツです。